整った設備状況
ガラス張りにする

日本人は欧米人と比較すると住宅やマンションに関しては中古を避けるという傾向があります。
これは指摘見解になりますがいくつか理由があると考えています。
端的に2点あげるとすれば、日本は地震などの天災が多いこと、木造(木の文化)が多いこと、の2点です。
これらのことから壊れ(建て替え)易くて100年程度しか持たない家ということになります。
新規が良いという風潮はこのことが根底にあるのだと思います。
しかし現在の住宅なら欧米の石文化の住宅に負けないぐらい頑丈で日本の四季や耐震強化などで天災にも十分対応できる住宅はたくさんあります。
たかだか100年ぐらいで壊してしまう必要などありません。
中古がダメで、新築が良いといった風潮はエコロジー的にも良くないですし、なによりお金の無駄です。
新築住宅や新築マンションじゃなくても中古で十分なのです。

前段で述べたとおり中古住宅の大きなデメリットと考えられる耐用年数は耐震強化などすれば十分クリアできます。
また、バリアフリーではない、通路が狭いなどといった時代的に古い間取りである使い勝手の悪さも改築をすれば十分対応可能です。
現在のトレンドとしては是が非でも新築住宅をという風潮から、中古住宅を買って改造して対応する、または住み続けるという流れになってきています。
建築技術の進歩により、解体は最小限で柱や屋根はほとんどいじらずに改築耐震強化ができるようになっています。
もちろん解体して立て替える、新築住宅を買うよりもずっと安価で済むことは容易に想像できると思われます。
大量消費の時代は終わりを告げつつあります。
今ある使えるものは大事に長く使うということでしょうね。

Copyright © 2015 初めてマンスリーマンションを借りるひとは不動産業者の下調べから. All Rights Reserved.